天球と黄道十二星座

ビオディナミ農法に月を利用するとき、月の5つのサイクルを見ますが

そのうちの1つ、恒星月(こうせいげつ)のサイクルでは
月と星座の位置関係がとても重要になります。

恒星月=月の公転では、27日7時間43分12秒かけて
月が12星座を1周するからです。
このことは、おいおい詳しく見ていきますよ。

ということで、数回にわたって星座について見ていきましょう。
今回は、12星座ってなんだろう、がテーマです。

天球とは、観測点である地球を中心としたイメージ上の球のこと。地球から天体までの距離を無視するため、すべての天体がこの天球上に張り付いていると考える。現代の天文学では、この天球上に1つの星を2つ以上の星座で共有しないようにして、88の星座を定義している。黄道とは、天球上の太陽の軌道のこと。黄道帯とは、黄道をはさんで南北各8度ずつ、幅16度の帯のこと。太陽はもちろん、月や太陽系の主な惑星はこの黄道帯の中を移動する。この天球の88の星座のうち、黄道帯上には12個の星座があり、黄道十二星座と呼ばれる。星座が天球を占める範囲に違いがあるため、黄道十二星座には大きさの違いがある。

ビオディナミと星の最新記事8件