VieilleVigneの仕立て方
CATEGORY

VieilleVigneの仕立て方

vieille vigneヴィエイユ・ヴィーニュ(ぶどうの古木)の姿はなんでこんなに強く心を掴むんだろうか。恵んでくれるぶどうが素晴らしいワインになるからだけではない。日々重ねていくぶどう樹の生長と畑、職人の仕事の数々を収穫後から1つずつ見ていきます。

  • 2020年12月7日
  • 2020年12月7日

Vieille Vigneヴィエイユ・ヴィーニュの仕立て方 もくじ

1. Vieille Vigneヴィエイユ・ヴィーニュの仕立て方 はじめに 2. vieille vigneヴィエイユ・ヴィーニュってなんだっけ 3. pépinièreペピニエール(苗木屋)の仕事 4. 若い樹と樹勢と生産性 5. 畑の仕事のカレン […]

  • 2018年11月23日
  • 2020年12月7日

63. おわりに

一生を終えたぶどう樹を野晒しにして乾燥させたあと、家の暖炉に焚べている。暖炉用の薪にくらべておだやかな火がつくから、冬の最初の点火はvieille vigneヴィエイユ・ヴィーニュではじめる。 その体からたくさんのワインを恵んでくれたぶどう樹が、炉の […]

  • 2018年11月10日
  • 2020年12月7日

62. ぶどう畑と、ぶどう畑で働く者の人間性は影響し合うという話(完結編 後編)

留学をしたはじめの年、私はボーヌにあるcfppaという学校でぶどう栽培とワイン醸造を学んでいた。カリキュラムはドメーヌでの就労にとって非常に実用的で、1年を通して希望のドメーヌでの研修と、校内での座学を並行しておこなうものだった。 実践と理論、理論と […]

  • 2017年10月22日
  • 2020年12月7日

37. ébourgeonnageエブルジョナージュ(摘芽)で苗木からguyot poussardギュイヨ・プーサールの樹形の基礎をつくる

ぶどう樹の苗を畑に植えた年から3~5年間は、樹形の基礎をつくる大切な期間だ。 あらかじめ決めた剪定方法と、そのぶどう樹を将来どのような姿にするかの方針にあわせて剪定と摘芽をすることで樹形を整える。 それはつまり、guyot poussardギュイヨ・ […]

  • 2017年8月22日
  • 2020年12月8日

16. tailleタイユ(本剪定): guyot poussardギュイヨ・プーサール : brasブラの発育がわるくなってきた場合の剪定

brasブラの発育がわるくなってきた。この右側のcrochetクロッシェは、充分な太さのsarmentサルモン(新梢)を生長させられない状況だ。生長期を終えているのにもかかわらずsarmentサルモン(新梢)が細く短い。 このぶどう樹のなかの2本の管 […]

  • 2017年7月23日
  • 2020年12月8日

15. tailleタイユ(本剪定): guyot poussardギュイヨ・プーサール

それでは、実際に剪定してみよう。せっかくなので、前回見た写真の若いぶどう樹をguyot poussardギュイヨ・プーサールに仕立てよう。 2017年秋、落葉後。 枝の年齢と名称 春にcrochetクロッシェから発芽した芽が生長した枝sarmentサ […]

  • 2017年5月22日
  • 2020年12月7日

60. effeuillageエフイヤージュ(摘葉・除葉)

茂っていた葉がエフイヤージュ(摘葉・除葉)され、隠れていたぶどうがたくさん出てきた。 effeuillageエフイヤージュ(摘葉・除葉)は、必要ないと判断した葉を摘みとる仕事だ。 もともとこの仕事は、ぶどうの収穫作業のスピードアップのためにおこなわれ […]