朔望月のサイクル

ビオディナミ農法に月を利用するとき、月の5つのサイクルを見ます。

今回はそのうちの1つ目、朔望月のサイクルです。

朔望月(さくぼうげつ)、
つまり月の満ち欠けの話です。

朔望月のサイクルは新月と満月のサイクルのことだ。1サイクルは29日12時間44分3秒かかる。 地球-月-太陽の順に並ぶ時、地球から月を見ると新月に見える。月-地球-太陽の順に並ぶ時、地球から月を見ると満月に見える。 月が地球と太陽の間にある時、太陽に照らされている月の面は地球からは見えない。これが新月。 月が地球を挟んで太陽の反対側にある時、太陽に照らされている月の面が全て地球から見える。これが満月。 月の満ち欠け 地球から見た月には、満ちていく期間と欠けていく期間がある。ビオディナミではどちらの期間中なのかが重要視される。 1サイクル中に2度半月になるが、満ちる途中なのか、欠ける途中なのかが植物にとって大きな違いになる。 新月と朔、満月と望はそれぞれ同じ意味だ。 上弦と下弦の見分け方。フランス版。

なぜpとdなのかというと、フランス語では
☽満ちていく三日月をpremier croissantプルミエ・クロワッサン
☾欠けていく三日月をdernier croissantデルニエ・クロワッサン
と呼ぶから、pとdがすごく覚えやすい!ってことです。

ってことは、🥐これは欠けていくクロワッサンってことになりますね。

 

ビオディナミと星の最新記事8件